セットリスト

ライブで演奏した曲について、ギターのやまちゃんが紹介します♪

前回のリスト

★ 2012年11月23日 ネガポジ
「リズム&ブルースを歌う 京都の夕べ VOL' 1」

■ Walker's Theme

サックスうっちーの「この曲を最後まで一人で吹かせて欲しい!」との強い要望で採用!
今回のライブのオープニングに演奏しました。

スムースジャズを代表するサックス奏者Gerald Albrightの代表曲。Gerald談「自分だけの音を追及してほしい。他の誰のものでもないサウンドはそれだけ多くの人を感動させることができる」。

The KG'sではウッチーサウンドでお届けします。

■ Back in my arms again

MOTOWNを代表するアーティストの1つ、Diana Ross&The Supremesの1965年の全米ポップチャートNO'1ヒット。The KG'sはオリジナルと1970年代にDoobiesの妹として人気のあったNicolette Larsonの1979年のセカンドアルバムIn The Nick of Time収録のカバーヴァージョンを足して2で割ったアレンジでやってます。

サックスのウッチーにバリトンを吹いてもらうために選んだのにイントロ以外バリトンの出番は有りませんね~。
Nicolette Larsonは1997年に45歳で病気のためご逝去。合唱。

■ More today than yesterday

Key のみっきぃが別ユニットでこの曲をオルガンで弾いたときに「ああ、いい曲やなぁ!どこかで聴いたことある」と思ってYouTubeでチェック、即セットリストに加えました。オリジナルはSpiral Starecaseという1発屋白人バンドの1969年の大ヒット。

高揚感のあるメロディラインと歌詞が耳にこびりつきますなあ!!
フューチャーリングみっきい、Charles Earlandばりでした。

■ Teach me tonight

もっと学ばないと、て言ったわね?勉強する気がないとは思わないで。とても大事なポイントなんだから。今夜、私に教えてね。まずは、ソレのABCから始めて。それからXYZまで進んでいくの。分からないところが解けるように。今夜、私に教えてね・・・・・

ma-koちゃん、情感たっぷりに歌ってましたね~!

■ Ain't too proud to beg

これもMOTOWNを代表するThe Temptations 1966年の大ヒット曲。ローリング・ストーンズやホール&オーツのカバーでロックファンにもお馴染みかも。

助っ人コーラスのミホリンのソロでお届けしました。もう30年以上前からやりたかった曲、遂に実現しました!(歳がバレますなあ・・・)

The KG'sはKate Taylorヴァージョンでお届けしました。ちなみにKate TaylorはあのJames Taylorの妹。Ain't too proud to beg収録のアルバムIT'S IN THEREはマッスルショールズ録音ですぞ!

■ I wish

サックスうっちー希望曲その2.ご存知Stevie Wonderの代表曲の一つです。
原曲とは少しリズムアレンジを変えて演奏してます。
フューチャーリング高相店長(ネガポジ)でお送りしました。
ちなみにwish という単語は「かなわない希望」の時に使うらしいですね。例えば「ああ、トムクルーズくらい男前になりたいなあ」等々。

■ Lala means I love you

フィリーソウルを代表するバンドThe Delfonicsの1968年の大ヒット曲。
「ララは愛の言葉」ロマンチックな曲ですなあ。色んなアーティストがカバーしていてどれも良いですが個人的には私の敬愛するギタリストの一人John Tropeaヴァージョンが大好きです。

■ This old heart of mine

これもMOTOWN、というかこれぞMOTOWN更に言えば最もMOTOWNっぽい曲だと思ってます。
キャッチーなメロディ、バツグンのGroove感、カッコいいコーラス!オリジナルはThe Isley Brothers、ロックファンにはROD STEWART のATLANTIC CROSSING収録ヴァージョンで有名かな。
演奏していてとても楽しい曲です。

■ Sookie Sookie / Shotgun

Sookieは臆病者の意味。スキスキスキスキスキスキス~!!オリジナルはDon Covay、作詞作曲はSteve CropperとDon Covay。Steve CropperはBooker T&The MG'SのギタリストでBlues Brothers Bandでもギター弾いてました。

Shotgunはサックス奏者Junior Walker の代表曲。さてお気付きでしょうか?オープニング曲のWalker's Themeは実はGerald AlbrightがJunior Walkerに捧げた曲なんですよ。今回のライブはJunior Walkerに始まってJunior Walkerで終わったのでした。因みにWalker's ThemeにはShotgunと同じサックスのフレーズが沢山出てくるみたいですよ。ベースのHIDEKI(西条秀樹じゃないよ)のお気に入り曲です。

■ What a difference a day makes(encore)

私が某私立大学に入学し某音楽サークルに入った時、最初の定演で「陀羅尼助丸」という先輩バンドがこの曲を演奏したのですがそれがもうカッコ良くてカッコ良くて!「いつか自分もあんな風に演奏してみたい!」と思ってました。

The KG'sの演奏は「陀羅尼助丸」にちょっとは近付けたんやろうか?陀羅尼助丸のギタリストさん、名前忘れましたがもしこのHP見られたらコメント欲しいです!

The KG'sでは一番長くやってるレパートリーです。シゲさん、メチャクチャノリ良いっすねえ!

ページトップへ