セットリスト

ライブで演奏した曲について、ギターのやまちゃんが紹介します♪

前回のリスト

★ 2015年9月19日   MOTHER POPCORN

■ Young heart run free

オープニングはCandi Statonのイケイケ・ダンスナンバー、Young heart run free。

このCandi Statonさん、先日来日され大阪のビルボードでもライブされてました。
私生活では4回結婚して子供さんが5人も居られるみたいですね。

流石ヤングなハートは自由です。

■ Movin' on a groove

テキサスの歌姫Barbara Lynn。サウスポーでギターを弾きながら歌う姿がカッコイイというか癒されるというか・・・。

この曲、クラブでのサンプリングネタとして良く使われる人気曲みたいです。
こんな曲が流れるのであれば私も一度今時のクラブとやらに行ってみたい。

ベースラインが凄いですねえ、大変ですねえ、しんどいですねえ、天野さん御苦労さまでした~!

■ Be by my side

Am I the same girlでお馴染み、シカゴのBrunswickレーベルの歌姫Barbara Acklinの1968年発表のファーストアルバムに収録。

■ Soulful strut

シカゴのBrunswickレーベルからの1曲。1968年にYoung-Holt UnlimitedがインストヴァージョンでSoulful Strutというタイトルで、1969年にはBarbara AcklinがAm I the same girlというタイトルで歌ものとしてヒットさせました。

The KG’sは両方の折衷ヴァージョンで演奏しました。

■ Ooh baby baby

デトロイト、MOTOWN、天才スモーキー・ロビンソンの1965年の大傑作バラード。超有名曲です。

■ Enjoy yourself

インディアナ州出身、「人類史上最も成功したエンターテイナー」Michael Jackson擁するJacksons の1976年、Epic移籍後フィリーでの最初のスマッシュヒット。

今回のライブでは、同じくフィリーのThe Three Degrees的 ? 或いはMichael Jacksonの後見人Diana Ross & The Supremes的パフォーマンスでお届けしました。

 

■ Somebody like me

1967年、ビートルズの「愛こそはすべて」を蹴落とし、4週連続1位を記録した「Ode To Billie Joe」の大ヒットでグラミー賞の3部門を獲得した、ミシシッピー出身の世紀の美人歌手(当時の触れ込みはこれだったそうです)Bobbie Gentryの1971年のアルバム「Patchwork」からの1曲。

Bobbie Gentryはフォーク/カントリー系のシンガーソングライターで、カテゴリーとしてはSoul Musicではないのかも知れませんが、この曲はとてもテンションの上がるソウルフルな名曲だと思います。

■ More today than yesterday

The Spiral Starecaseはカリフォルニア州出身の白人ポップスグループです。代表曲というか、唯一のヒット曲がこれ。ダイアナ・ロス、チャールズ・アーラン ド、グラント・グリーン、パティ・オースティンなどなど、多くのソウルやジャズ系のアーティストがカバーしています。良い曲は良い、ジャンルは関係ないで すね。

■ This old heart of mine (encore)

1959年デビュー、オハイオ出身のソウルファンクグループThe Isley BrothersのMOTOWNでのファーストアルバムに収録されていた曲です。

ページトップへ